世界に先駆けた卓越の技術力で
あらゆる産業の未来を拓く。

当社は今日まで40年以上にわたって、炭素物質ナノカーボンの研究・開発に取り組んできました。ナノカーボンの中でも特に「フラーレンC60」は、その優れた特性から、情報産業、バイオ医療、新エネルギー、電子部品、光学部品など、様々な分野での応用が期待される次世代材料として脚光を浴び続けています。

しかし、フラーレンC60を製造する技術は確立されていないのが現状です。少量は造れても、大量には製造できない。こうした中、当社ではこれまで培ってきた知識・技術・ノウハウを総動員し、より多くのフラーレンC60を造り出せるシステムを構築しています。

今後、当社が目指すのは、無限の可能性を具体化すること。
国からの依頼を受け、福島県田村市に新型バッテリーの試作開発設備を備えた多目的プラントの建設も予定しているなど、そのビジョンを実現に向けて動き出しております。

フラーレンC60が担うのは、日本の主力産業の未来です。その研究・開発の先駆者、唯一無二のリーディングカンパニーとして、スズキバッテリー株式会社は、世界に誇れる技術を創造していきます。